母の日は普段なかなか言えない感謝の気持ちを込められる貴重な日ですね。

これまでに色々な物を母の日のプレゼントとして贈ってきました。
子供の頃はカーネーションという定番がありましたが、最近はあまり言われなくなってきましたね。

母が欲しい物は何だろうと毎年考えるのも楽しいものです。

これまで喜ばれた物をいくつか思い出してみます。

・綺麗な色のニットアンサンブル普段からおしゃれにはこだわりのある母なので、好みの色や形は良く知っています。
ちょっとした食事や外出、買い物などシーンを選ばず使えるニットのアンサンブルは3シーズン着まわせてとても便利です。
肌触りのなめらかな質の良い物を選んでプレゼントしました。
とても喜んでくれて、ずっと着てくれています。

・写真立てとお気に入りの家族写真案外自分では買わないのが写真立てです。
デジカメで撮った写真もプリントせず保存している事が多いものです。
家族のとっておき写真を入れた写真立てはとても喜ばれました。

何故か突発的な出費が続くことがあります。
普段から貯めとけよという話しなのですが、安給料で毎月必死。
家庭の事情で、という理由から突然会社を辞めることになってしまった同僚にお餞別。
知り合いの親御さんが亡くなった、というのが月に2・3件立て続けに発生したりした時などは、どうしても生活費から出さざるを得す、親や友達にお金を借りることに。
待ちに待った給料日も、借りたお金を返すところから始まるので、また厳しいスタートに。
消費税が上がったらどうなるやらと今から不安でなりません。
総量規制対象外の銀行ローンに頼るしかありません・・・