当時、私は法学部の3学年でした。

将来は公務員を考えていたので、周りと同様にダブルスクールの形で大手の予備校に通い、公務員試験にむけて勉強していこうと考えていましたが、入学前に両親の都合で入学の前金が払えなくなりました。

当然あきらめようかと思いましたが、部活の先輩に相談したところ、学生ローンという学生向けの消費者金融機関があると知りました。

それは両親の承諾なしに学生の身分とアルバイト先さえわかれば借りることができました。
当時のことなので今は違うかもしれませんが、、、

特に難しい手続きもなくそこで20万円を借りて無事に予備校に通うことができました。
ただ両親にヤミ金からと不安がられましたね。

最初は返済できるか不安でしたが、そこはバイトのシフトを多くしたり、返済期の相談を積極的にいろいろとしたので、予定通り返済できました。
今思えばいい決断ですね。

せっかく決めた進路をお金で断念したくなかったので、先輩には感謝しています。
学生という身分ならば信用力もあるのでいろいろとお金を借りる経験もいいですね♪

コメントは受け付けていません。