友人が以前、お金ないと言って金融会社でお金を借りました。でも返済が思うようにできなくて、とても辛い思いをしていたのを見ています。だからできるだけ借金はしないほうがいいと思います。でも本当にお金がなくて、困った時には仕方がないかもしれません。

金融会社のキャッシングは、保証人も不要なので誰でも気軽にキャッシングできるのです。だからちょっとした金額だったら、キャッシングでもいいと思います。私の限度は十万円です。それ以上はキャッシングしてしまうと、返済が難しくなってしまうと思うのです。だから十万円以内だったら、困った時にはキャッシングをしてもいいかなと思います。

お給料でやっていけない時、どうしても欲しいものがある時にはキャッシングするかもしれません。我慢できない時には仕方がないと思います。

でも一回でもお金を借りてしまうと、また繰り返してしまいそうなのです。それが一番怖いのです。親や知り合いに借りるのはまだいいでしょうが、金融会社に借りるとなるとちゃんと返済を守らないといけません。それが義務なのです。

毎月しっかりと返済できる自信があるならいいと思います。でも難しいかも、と思っている人だったら無理して借りないほうがいいと思うのです。あとから辛い思いをするのは自分なのですから。

私自身、まだキャッシングの経験はないですがもしも必要になったら十万円の範囲内で借りようと思っています。それ以上になったら、絶対に借りることはしないです。

Tags: §

母の日は普段なかなか言えない感謝の気持ちを込められる貴重な日ですね。

これまでに色々な物を母の日のプレゼントとして贈ってきました。
子供の頃はカーネーションという定番がありましたが、最近はあまり言われなくなってきましたね。

母が欲しい物は何だろうと毎年考えるのも楽しいものです。

これまで喜ばれた物をいくつか思い出してみます。

・綺麗な色のニットアンサンブル普段からおしゃれにはこだわりのある母なので、好みの色や形は良く知っています。
ちょっとした食事や外出、買い物などシーンを選ばず使えるニットのアンサンブルは3シーズン着まわせてとても便利です。
肌触りのなめらかな質の良い物を選んでプレゼントしました。
とても喜んでくれて、ずっと着てくれています。

・写真立てとお気に入りの家族写真案外自分では買わないのが写真立てです。
デジカメで撮った写真もプリントせず保存している事が多いものです。
家族のとっておき写真を入れた写真立てはとても喜ばれました。

何故か突発的な出費が続くことがあります。
普段から貯めとけよという話しなのですが、安給料で毎月必死。
家庭の事情で、という理由から突然会社を辞めることになってしまった同僚にお餞別。
知り合いの親御さんが亡くなった、というのが月に2・3件立て続けに発生したりした時などは、どうしても生活費から出さざるを得す、親や友達にお金を借りることに。
待ちに待った給料日も、借りたお金を返すところから始まるので、また厳しいスタートに。
消費税が上がったらどうなるやらと今から不安でなりません。
総量規制対象外の銀行ローンに頼るしかありません・・・

できれば借金はしたくないと思う私ですが、やはり住宅購入では大きな借金をしました。
銀行から25年のローンを組んで自分の家を建てました。
住宅に関しては、借金をしなければとても無理でしたから、特に抵抗はありませんでしたが、それ以外の贅沢品や生活費では、やはり借金をしたくないと考えています。

月末になると生活費も厳しい時期があますが、やはりそういう時は節約しますし、贅沢品も我慢することができます。
でるだけ借金をしなくて済む生活を心がけています。

教育費に関しては、子供が生まれれば何歳で教育費が必要になるかがわかりますから、その時点から学資保険などで計画を立てることができます。

車に関しては、購入したらすぐに買い替えのための資金を積立始めました。
大きなお金の動きは長期的、計画的に準備すればある程度はまかなえると思います。

それでもどうしてもお金が必要になった時は、私は銀行でローンを組むと思います。
お金がほしい~困った時にお金を借りるならココがいいよ
個人に頼むことは何があってもしたくありませんし、金融会社を利用した経験がないのでちょっと怖いという気持ちがあります。

身の丈に合った生活を心がけてなるべく借金とは縁遠い生活をおくりたいと思っています。

私は現在都内で大学生をしている20代の男です。

もともとあまり外で遊ばないタイプだったのですが、暇つぶしに始めたギャンブルにはまってしまい苦労しました。

最初はアルバイト代で遊べたのですが、だんだんと資金が足りなくなり消費者金融に借りてまで遊ぶようになりました。

負けることが多くなり借金が膨らんで返済がどうしてもきつくなり、親に土下座してお金を立て替えてもらったことがあり、未だに親には申し訳ない気持ちで一杯です。

もうギャンブルはこりごりです。

ATMは銀行まで行かなくても街中や駅などで設置させていて使えたり、銀行に併設されてるものも銀行の締まっている時間も利用できるので便利なのですが機能によって使用できる時間帯が細かく決まっていて困るときがあります。

ATMでお金を借りる~コンビニでも借りれるカードローン

ATMを見つけて利用可能な時間でよかったと思ってパネルを操作すると機能によっては利用時間外であったりします。手数料を取られるのも嫌なのですがそれでもまだ、手数料を払ってでも使える場合はまだましだといえます。

私が経験したパターンは口座にお金を入れようとして操作画面を探すといくら探しても入金の「預け入れ」の表示がなくて困りました。それも現在の時間帯は利用できないという内容もなくどういうことかと思いました。家に帰ってからネットで調べると引き出すことは出来ても預け入れることが出来ない時間帯でした。

また別の例では通帳に記帳使用と思って、通帳を入れようとしましたができないことも在りました。手数料のかかる引き出しや借り入れなどはほとんどのATMの開いている時間は利用できるようですが、銀行が儲からない機能やサービスは使用できないようにしている時間があるようです。”

Tags:

当時、私は法学部の3学年でした。

将来は公務員を考えていたので、周りと同様にダブルスクールの形で大手の予備校に通い、公務員試験にむけて勉強していこうと考えていましたが、入学前に両親の都合で入学の前金が払えなくなりました。

当然あきらめようかと思いましたが、部活の先輩に相談したところ、学生ローンという学生向けの消費者金融機関があると知りました。

それは両親の承諾なしに学生の身分とアルバイト先さえわかれば借りることができました。
当時のことなので今は違うかもしれませんが、、、

特に難しい手続きもなくそこで20万円を借りて無事に予備校に通うことができました。
ただ両親にヤミ金からと不安がられましたね。

最初は返済できるか不安でしたが、そこはバイトのシフトを多くしたり、返済期の相談を積極的にいろいろとしたので、予定通り返済できました。
今思えばいい決断ですね。

せっかく決めた進路をお金で断念したくなかったので、先輩には感謝しています。
学生という身分ならば信用力もあるのでいろいろとお金を借りる経験もいいですね♪

50万円のお金が必要になったら、どういった時に50万円が必要になるのか、ですが私は常に不測の事態に備えて数千万単位の貯金をしているので貯金を下ろすと思われます。

どういった時に50万円が必要になるのか、ですが車の購入資金などでしょうか。
私の知人は常にお金に困っており車の運転免許代と、バイクの運転免許取得費用のために合計50万円くらいが必要となっていましたがいずれも消費者金融で借り入れをしていました。

私も無一文でいきなり車の運転免許が必要となると、講習所代金のために金融機関でお金を借り入れると思われます。

その際はいきなり消費者金融に借り入れをせずに、利息が安い銀行での融資をお願いします。

インターネットでも安く借り入れができる機関を探してから利用をします。
友人知人に借り入れる方法もあると思うのですが、私の知り合いはいずれもワーキングプアですのでお金を貸してはくれないと思われますのでやはり金融機関に頼るしかないかと。